ベストfx トレード

    FX

FXで成功するには—失敗に学ぶ—

「FXは儲からない」という話を聞いたことがありませんか? その人にとっては事実だったのかもしれません。しかし、そうではない人も多くいます。では、そうならないために何か方法はないのでしょうか?

外国為替証拠金取引(FX)で資産運用を始めようという初心者の方にぜひお勧めしたいことがあります。まずは大きく儲けようとせずに、少しずつ細かく利益を出すように心がけること。簡単なようですが、これを忘れてしまうトレーダーも少なくありません。

こういった儲けるFX取引を行うノウハウに興味はありませんか。通貨ペア.netという商材もあったりして、興味深いものですよ。まずは失敗したトレーダーたちの事例から学んでみましょう。そこから得られるノウハウを、しっかりを頭に刻みこんでおきましょう。それだけで結果は違ってきます。

下記に典型的な失敗事例を挙げます。同じような過ちを犯さないように心がけていれば、少なくとも大損失を被るリスクは減るはずです。

FX取引の初心者が特に陥りやすい失敗とはどんなものがあるでしょうか? 

1.油断から1回の取引で、少しずつ積んできた利益を失ってしまった。

2. 売り・買い問わずポジションを持ったまま躊躇してしまい損失拡大。タイミングを逃してしまい、結局、スワップ金利へ変換せざるを得なくなり、損失が膨らんだ。

3. 買いポジションを持った国の経済が上向きになるという情報を得たが、通貨は下がり続けてしまった。

4. 持ち合い相場で踊ってしまい、繰り返し損失を被ってしまった。

5. 負けに熱くなってしまい、1回ごとの取引金額を吊り上げてしまった。

6. 相場の崩れを予測できずに、指値に到達する直前で失速し、利益を確定できなかった。

7. 上昇相場と予想して強めに買ったが、下がったために一転して弱気に売却。それを繰り返してしまいほとんど利益を得られなかった。

8. 損切り注文をかけておいた局面で、欲目から解除してしまった。しかし予想通りに相場が動かずに、結局はポジション維持になってしまった。

9. 投資効率を重視したため、最大限の資金を一点集中で投入したが、予想とは逆のわずかな値動きのために、損切りも出来ない状態に陥ってしまった。

10. 運良く大波に乗れたために稼ぎだした利益を、その後の乱高下する荒れ相場にさらわれてしまった。

11. 専門家などのコメントを信じて取引したが、結果は大損失。専門家を恨むべくもなく、投資は自己責任とは思っていたが、手痛い経験となった。

12. 相場の上下について周囲の情報に踊らされて、自分の予想とは逆の取引をした。結果的には自分の予想通りに相場が動いたために、利益を逃してしまった。


上記の12項目はFX取引を始めたばかりの頃はみんな心がけていても、失敗したトレーダーたちの多くは、いつの間にか忘れてしまっているのです。

「初心忘れるべからず」とはよく言いますが、これら失敗事例は、FX取引で利益を得るためには重要な「経験知」となるでしょう。また、初心者の方はまず、自分に合ったFX業者を選びましょう。